経理や決算

まかせて安心・企業経営の効率化に貢献します。事務から解放されたい経営者の方にお勧めの記帳代行サービス

経理や決算

会社の経営を行う上で、経理事務は大切な仕事。とはいえ毎月の請求書・領収書の整理はとても面倒です。

経理事務員を雇うといっても中小零細企業において一番コストがかかるのが人件費。 そんな事務員を雇うほどではないが、毎月の面倒な事務から解放されたいとお考えの 経営者の方にお勧めなのが当社の記帳代行サービスです。

手続きは簡単

  • 領収書・請求書・通帳の写しを送っていただきます。
  • それらをもとにこちらで入力作業行い、帳簿を作成します。
  • 不明点などがあれば電話・ファックス・メールで基本的にやりとりします。
  • 必要に応じてご質問の回答をいただいたり、資料のご提出をお願いします。
  • 月次の帳簿類を作成して、お客様にお渡しします。

記帳代行サービス 価格表(経営規模3人〜6人程度)

5年間

会社を設立してから5年経過するまでに株式会社ならば1000万円、有限会社ならば300万円以上の資本金に増加しなければなりせん。もし、不可能ならば合名会社・合資会社への組織変更または、解散する必要があります。

配当制限の特則

通常、会社は決算期において営業年度末の純資産額から配当金を出すことは可能ですが、最低資本金の免除を受けた場合、純利益は資本金(1000万若しくは300万円)に充当しなければならず、配当を出すことを制限されます。

計算書類の提出義務

最低資本金の免除を受けて設立した会社はその資本金を5年間免除することの代償措置として、毎営業年度経過後3ヶ月以内にその営業年度の貸借対照表・損益計算書・利益処分案を会社の本店所在地を管轄する経済産業局に提出しなければいけません。

決算業務代行サービスの目安

経験豊富な専門家が決算書の作成から申告まできっちりサポート

決算業務を担当税理士がきっちりサポート。起業後まもない会社に対する低価格サービスには自信があります。

プロだからこそできる経営分析。そしてそこから見えてくる新しい課題を解決することにより、 必ずや経営改善・業務効率のアップをお約束します。

会社設立+税務署届出の費用の目安
株式会社
公証人手数料

0円

定款認証費用

52,000円

登録免許税

150,000円

謄本代等

2,500円

弊社費用

95,500円(税込)
(会社設立&謄本取得74,500円+税務署等届出21,000円)

合計

300,000円

年齢を重ねていくとたるみ始める顔の皮膚。リフトアップは興味あるけど、こめかみを切って持ち上げるような大掛かりな手術はちょっと…という方におすすめなのがこちら。新宿美容外科クリニックのリフトアップは患者さまの状態や希望に沿って最適な施術法を提供してくれます。結び目と吸収性円錐コーンがついているものや4方向に向いている丸みを帯びた突起物がついているものなど医療機関で縫合に使われている素材を使用した特殊な糸を使って気軽にリフトアップする方法は、糸の伸縮効果によってコラーゲンなどが促進されるので長い期間肌のハリを保つことができます。また、メスを使いたくないという方には周波数の高い治療機器を使って肌を引き締める方法もありますよ。

美容外科でリフトアップをするならこちら